PR

公衆電話の隠れた使い方:驚きのテクニック!

Befree-blog


公衆電話は時代遅れだと思われがちですが、意外な使い道があるんです!

はじめに

かつては誰もが使った公衆電話。しかし、携帯電話やスマートフォンの普及により、その数は年々減少し続けています。本記事では、公衆電話が歩んできた歴史、現在の状況、そしてこれから先の未来について掘り下げていきます。

公衆電話の歴史

公衆電話は、1900年代初頭には既に存在し、人々のコミュニケーション手段として重要な役割を果たしてきました。しかし、21世紀に入り携帯電話が普及すると、その必要性は急速に低下しました。

現在の状況

2023年のデータによると、日本国内の公衆電話は約12万台にまで減少しています。これは、携帯電話の普及率が高まったことに加え、インターネットベースの通信手段が増えたことによるものです。

公衆電話の現代における役割

公衆電話は、災害時の非常通信手段として依然として重要な役割を持っています。電源が不要で、携帯電話が圏外になるような状況でも利用可能なため、緊急時の貴重なコミュニケーション手段として残されています。

公衆電話の未来

公衆電話の未来は、デジタル化との共存にあります。例えば、Wi-Fiスポットとしての利用、タッチスクリーンを備えた情報端末としての再構築など、公衆電話ボックスの再利用が進められています。

通常時の利用方法

受話器を上げます。
テレホンカードを挿入するか、または硬貨を投入します。
発信音が聞こえたら、ダイヤルしてください。
停電時はテレホンカードは使用できません。100円硬貨を使用する場合、通話料金が100円に満たなくてもおつりは出ません。

 緊急通報の利用方法

受話器を上げます。
緊急通報ボタン(赤いボタン)を押すか、発信音が聞こえたら、緊急通報番号(110:警察、118:海上保安、119:消防、救急)をダイヤルします。
硬貨やカードは不要です。

災害等発生に伴う無料化実施時

受話器を上げます。
硬貨を投入するか、またはテレホンカードを挿入します。
発信音が聞こえたら、ダイヤルしてください。
通話終了後、硬貨は戻ります。

災害用伝言ダイヤル

伝言の録音方法

「171」をダイヤルします。
音声ガイダンスに従い、録音を選択します。
被災地の方の電話番号を入力します。
メッセージを30秒以内で録音し、終了後は電話を切ります。

伝言の再生方法

「171」をダイヤルします。
音声ガイダンスに従い、再生を選択します。
被災地の方の電話番号を入力します。
録音されたメッセージを聞きます。

災害用伝言ダイヤルは、大規模な災害が発生した際に、被災地の方々やその家族が安否情報を伝え合うためのサービスです。操作方法は非常にシンプルで、どなたでも利用できます。

まとめ

公衆電話は、時代の変遷とともにその役割を変えながらも、私たちの生活の中で小さながらも重要な位置を占め続けています。デジタル時代にあっても、公衆電話が持つ独自の価値を再評価し、新たな形での活用を模索していくことが期待されます。
詳細については、NTT西日本のウェブサイトやNTT東日本のウェブサイトで確認できます。

サブブログありますので是非お越しください。

Be-free 野菜作り

家庭菜園で野菜作りの様子など気ままにUPしてます。

スポンサーリンク
シェアする